ブログ

人間関係の難しさ

2015-04-27

こんにちは。
ここ最近、仕事で人間関係の難しさを改めて痛感したプッカです(笑)

もともと1人で過ごすのが好きなタイプなので、学生時代から人とコミュニケーションを取るのが苦手です。
しかし生活する上で人間関係は、避けては通れないものですので、どうにか上手くコミュニケーションを取ろうと試行錯誤中です。
特に仕事では重要ですからね・・・

人間関係の難しさ

やはり元々の性格や仕事仲間と友達では全然違いますから、とりあえず仕事上で私なりにここは気を付けなきゃいけないなぁというところややって良かったところなどを少し書いていきますね。
ただ私はうまくいっているわけでもなく、時々、現実逃避しているぐらいなので参考にならないのではないかなぁと思います(笑)
まだ勉強中というところです!

人間関係の難しさ

まず、ちゃんと挨拶をするということ。あとお礼を言うべきところでは「ありがとうございます」、謝るべきところでは「申し訳ございません」を言うということですかね。
当たり前かもしれませんが、意外としない人もいます。

次が笑顔を忘れずにということでしょうか。
あまりへらへらするのも印象が悪いですが、無表情でいるよりは良いと思います。
ただ笑っちゃいけない場面もあるので、そこは空気を読んで対応するしかないと思います。
難しいですね。

あとは仕事で良い結果を出すことですかね。
正直、これに勝るものはないかもしれません(笑)
少々、性格が悪くても信用されます。
やはり何事も努力が必要ということですね。

人間関係の難しさ

人間関係でつらいことはたくさんありますが、なんだかんだで場数を踏んで直すべきところは直し、学ぶべきところは学ぶという地道な方法がコミュニケーション能力向上の一番の近道なのかなと思います。
不器用な私がとりあえず出した答えです(笑)
他に何かうまい方法があったら、教えてほしいです(笑)

Androidアプリ「標準体重計算アプリ」を作りました!

2015-04-12

久しぶりにアプリを作りましたので公開します!
その名も「標準体重計算アプリ」です。

サンプルアプリとして試しに作ったものなので、Google Playには公開しません。
ハンディキャップフリーのサイトには公開しますので、もしご興味を持って頂き、ダウンロードして頂けましたら嬉しいです!

さて、作った「標準体重計算アプリ」は、身長(cm)を入力し、『計算』ボタンをタップしますとその身長に対する標準体重が表示する仕組みとなっています。

標準体重計算アプリ    標準体重計算アプリ

アイコンがBMIとなっていますが、BMIは出せないのでご了承ください(笑)
標準体重計算アプリ

アプリはハンディキャップフリーのサイトの「Androidアプリ」⇒サンプルアプリに公開しています。
簡単な機能しかないアプリですが、少しでもお役に立てれば作った甲斐があります!

障がい者の一人暮らし

2015-03-10

小さい時から障がいを持って生活してきている人の中には、障がいの度合いにもよりますが、ある時期になると親からの自立を考えるかと思います。
その自立の中に一人暮らしがあります。

障がい者の一人暮らし

一人暮らしをする際に大きな壁となるのが、生活費や場合によってはヘルパーや介護士などの支援の必要性ですかね(人にもよりますが)。

障がい者の一人暮らし

重度の障がいを持つ人は、一人暮らしが難しいかと思いますので、福祉施設へ入るという選択をするかもしれません。
その際にそのような施設を探すための便利なツールがあります。
それが「WAM NET」(ワムネット)です。
ワムネットのホームページにそのような施設の情報やその他の必要な情報が掲載されているので、一度見てみると良いかと思います。

障がい者の一人暮らし

次に家や生活にかかるお金についてですが、家は各自治体で障がい者用の住宅を安価な家賃で提供しています(なかなか空いてないかもしれませんが…)。
生活費は働いている人はいいですが、そうじゃない人は年金や場合によっては生活保護となるのではないでしょうか。

障がい者の一人暮らし

障がいを持っていてもちゃんと働き、自立した生活を送っている人はたくさんいるので、一人暮らしは不可能ではないですが、大変なことも多いので、必要なサービスを受けるなど自分に合った生活スタイルを選択することが大切ですね。

満天の星

2015-02-19

私は満天の星を見たことがありません。
一度でいいから見てみたいですね~

満天の星1

やはり自然がたくさんある場所でなくては見えないのでしょうかね
なかなか遠出ができないので、近場で見れるところがあるといいなと思います。

満天の星2

あとは本物ではないですが、プラネタリウムという手もありますね(笑)
最近は、障がい者でも楽しめるようにユニバーサルデザインを取り入れて対応しているところもあるようです。
山梨県立科学館では「きみが住む星」というスペースシアターを公開しているみたいですが、字幕や副音声をつけて誰でも楽しめるようにしているようです。
しかも普通の字幕や副音声ではないとか。楽しそうですね!

満天の星3

ユニバーサルデザインは今もこれからも注目されている分野だと思うので、目が離せません!

介護用品のショップを作りました!

2015-02-05

またまたショップを作りました!
今回は、車椅子や杖、大人用のおむつ等の介護用品を販売するショップです。

ぜひぜひ下記バナーをクリックしていただき、ご来店いただければと思います。

介護用品SHOP

今後も更新頻度遅いですが、ブログも書いていきますのでそちらも含めて宜しくお願い致します。

介護用品SHOP

車椅子のいらない世界

2015-01-22

かなり遅いですが、あけましておめでとうございます(笑)

車椅子のいらない世界1

突然ですが、『HAL』という言葉を知っていますか?
ちなみに某専門学校の名前ではありません(笑)

HAL』とは世界初のサイボーグ型のロボットのことです。

脳卒中等で後遺症として下肢麻痺となり、車椅子生活を送っている人がいます。
そのような人たちが歩けるよう脚に『HAL』を装着して、脳からの「歩く」という信号を受け取り、動く仕組みとなっています。

車椅子のいらない世界2

まだ保険が適用されておらず、リハビリの歩行訓練時に装着することしか許されていませんが、いつか車椅子を必要としない未来が実現するかもしれません。

車椅子のいらない世界3

私は病気発症後は完全麻痺のため寝たきり、リハビリをしていく内に車椅子、歩行という過程を経て、現在に至っています。
やはり歩くことができなかった時は、歩けることをずっと夢見ていましたし、実際に歩けるようになった時は嬉しかったです。
こういう喜びを多くの人たちが味わえるようになるといいですね!

高齢者や障がい者の海外旅行

2014-12-29

今年もクリスマスが終わり、あと2日となりました。
家族と年を越す人もいれば旅行に行く人もいるでしょう。
旅行に行く人の中には、日ごろ休みが取れなく年末年始に国内、海外へ旅行に行く人もいますね!
私も旅行、特に海外へ行ってみたいなぁといつも思っています。
そこで思っているだけでは一生行けないと思い、色々調べてみたところ旅行会社であるHISではそういう方たち専用のサービスがあるみたいです。

アメリカニューヨーク
アメリカ ニューヨーク
*個人的に今行きたい国ランキング1位です。

ホームページを見る限り杖や車椅子を使用している方や聴覚障がいを持った方を主に対象にしているようです。
私は当てはまらないな・・・

ボリビアウユニ塩湖
ボリビア ウユニ塩湖
*個人的に今行って見てみたい絶景ランキング1位です。

でも高齢の方も対象なので体力がないといった理由でも大丈夫かと思います(私の勝手な推測ですが)。
やはり行けるときに旅行はしといた方がいいですね!
私も来年は行けるように方法を模索中です。
このブログをご覧いただいている方たちもぜひ有意義な旅行をしていただければと思います。

フランスモンサンミッシェル
フランス モンサンミッシェル
*個人的に今行ってみたい世界遺産ランキング1位です。

本年もありがとうございました。
皆様良いお年をお迎えください。
来年も引き続き宜しくお願い致します。

年末

持病や障がい持ちにとっての飲み会

2014-12-18

もう忘年会シーズンとなり、今年も残りわずかとなりました。

働いていると忘年会や新年会のような飲み会に参加せざるを得ない時があります。
その際、持病や障がいがあると思い通りにいかなかったり、最悪の場合、場の雰囲気を悪くしてしまうこともあります。

持病や障がい持ちにとっての飲み会1

持病や障がいを持っている全ての人たちがそのように感じているわけではないと思いますし、人それぞれ性格とかも違うので、あくまで私の感じたことを書きますね。

私はあまり食べられない、お酒は飲めない、障がいのためトイレのことも考えなくてはいけないという飲み会のマナーもあったもんじゃない人間です(笑)
やはり『最初は全員ビール』、『周りの人にお酌&取り分け』、『上司からの飲みの誘いや職場の飲み会には絶対参加』などの飲み会の暗黙ルールみたいなのがある方たちには受け入れ難いようです(泣)
でも何も言わず接してくれる方たちもいるので何とかやっています。
今のところは・・・

持病や障がい持ちにとっての飲み会2

やはりこのような場合は周りの方たちの理解がどうしても必要になることもありますね。

なかなかこのようなシチュエーションに対応した商品やサービスが無いので出来たらいいなぁと毎年思います。
簡単ではないですが、無いなら自分で作っちゃうのもおもしろいかもしれないです(笑)

このような持病や障がいだけでなく外国人のような色々な文化をもった人達など「多様性」を受け入れられるような社会にさらになっていくといいなぁ。

持病や障がい持ちにとっての飲み会3

障がい者の自動車免許取得

2014-12-07

私は車の免許を持っていません。
時々、本人確認の時や通勤の時にあったらいいなぁと思うことはありますが、お金の事や障がいを持っていることがブレーキとなり取っていません。
ただ将来、自動運転が当たり前の世の中になったら考えるかもしれません(笑)

ハンディキャップフリー

障がい者が運転免許証を取るにはまず適正相談というものがあるみたいですね。車を運転できる障がいレベルかどうかみたいなものだと思います。
そこで適正がないと判断されれば受験資格すら与えられません。

ハンディキャップフリー

アメリカでは基本的に車がないと生活ができないという環境のため、例えば手や足がない人なども車をその人に合わせ改造し運転しています。
障がいの内容にもよりますが、日本よりはアメリカの方がなんとなく障がい者にもチャンスがあるのかなという印象を受けました。

何事もチャレンジですね!

ハンディキャップフリー

食事の喜び

2014-11-23

いきなりですが、私は小食です。
おそらく障がいによるものや自分の考え方によるものだと思いますが、あまり食べられません。
そのため痩せすぎでガリガリです(笑)
食事の喜び

家で食事をする分には良いですが、仕事等で外食をする場合、残してしまうとお店の人や食事相手の方に申し訳なさを感じるのでかなり苦しいです。
私にとって永遠の悩みです。
やはりこのようなことを考えず純粋に食事を楽しみたいですよね。
食事の喜び

食事の内容によっては食べずらさを感じる人もいます。
たとえば固形物がなかなか食べられない人のためにペースト状にしたものが販売されています。
しかもただペースト状にしたものではなく、かたさを選ぶことができます。
これはご飯だけでなくおかず等の飲食にも適応されます。

このように食べる人に合わせた食べ物をユニバーサルデザインフードといいます。

ユニバーサルデザインフードは日本介護食品協議会が制定した規格に適合する商品です。
ちゃんとした審査を受けている食品なので安心です!
食べることに苦労されている方におすすめですよ。

食事は生きていくために必要なことです。
どのような障がいをもっていても苦しみなく食事をしたいですよね!
私もたくさん食べられるように頑張らなくては!
食事の喜び

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme