カラーユニバーサルデザイン

2014-10-30

今日のテーマはカラーユニバーサルデザインです!

世の中には色の違いを見分けることが困難な方がいます。
そのような方は先天性の色覚異常や緑内障、白内障などにより色の見え方が通常と違います。
そこでそのような人たちにも分かるように配色に配慮したデザインのことをカラーユニバーサルデザイン(カラーバリアフリー)と「NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO(クドー))」が名付けました。

カラーユニバーサルデザイン

色覚には”C型色覚”、”P型色覚”、”D型色覚”の3つあります。

<C型色覚>
一般型の色覚で、日本人男性の約95%、女性の99%以上を占めます。
<P型色覚>
赤を暗く感じ、また、赤と緑の色相差が分かりにくいという特性があります。
<D型色覚>
P型と同様に、赤と緑の区別が分かりにくいという特性があります。

具体的に見え方にどのような違いがあるかといいますと
【C型】        【P型】       【D型】
                    
                    
水色        水色         水色
ピンク       ピンク        ピンク

参考:カラーユニバーサルデザインとその実践例

となります。(サイトを見た方が分かりやすいです(;´Д`A ))

そこで下記のような3つのポイントを発表し、色使いに配慮した商品には認定マークが与えられることになりました。

カラーユニバーサルデザインの3つのポイントは、
・出来るだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ。
・色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする。
・色の名前を用いたコミュニケーションを可能にする。
参考:「CUDの3つのポイント発表」

です。

注目されている分野で商品開発をする上では、決して無視できないことだと思います。

普段日常生活で使用している物や外にある物の中にはカラーユニバーサルデザインが施されているものもあるでしょう。
そういった普段と違った視点で物を見るのも楽しいかもしれませんね!

カラーユニバーサルデザイン

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme