車椅子のいらない世界

2015-01-22

かなり遅いですが、あけましておめでとうございます(笑)

車椅子のいらない世界1

突然ですが、『HAL』という言葉を知っていますか?
ちなみに某専門学校の名前ではありません(笑)

HAL』とは世界初のサイボーグ型のロボットのことです。

脳卒中等で後遺症として下肢麻痺となり、車椅子生活を送っている人がいます。
そのような人たちが歩けるよう脚に『HAL』を装着して、脳からの「歩く」という信号を受け取り、動く仕組みとなっています。

車椅子のいらない世界2

まだ保険が適用されておらず、リハビリの歩行訓練時に装着することしか許されていませんが、いつか車椅子を必要としない未来が実現するかもしれません。

車椅子のいらない世界3

私は病気発症後は完全麻痺のため寝たきり、リハビリをしていく内に車椅子、歩行という過程を経て、現在に至っています。
やはり歩くことができなかった時は、歩けることをずっと夢見ていましたし、実際に歩けるようになった時は嬉しかったです。
こういう喜びを多くの人たちが味わえるようになるといいですね!

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme