Freelance notes

WordPressでhttpからhttpsへの変更方法を間違えた話

投稿日:2020年1月17日 最終更新:2020年1月17日
カテゴリー:勉強 タグ:,

別サイトをSSL化しようとした時に手順を間違えてしまいWordpressのログイン画面がエラーで表示されなかった時がありました。

私がやってしまった間違った手順は、SSL化する前にWordpressの「一般設定」の『Wordpress アドレス(URL)』と『サイトアドレス』をhttps:~に変えてしまいました。

サブドメインのサイトだったのですが、元のドメインはSSL化していたので大丈夫なのかなと勝手に解釈してしまいやってしまいました。

その後、ログイン画面がエラーで表示されなくなり焦りましたが、とりあえず以下のコードをそれぞれ末尾に追記しましたらログイン画面は表示されました!

参考サイト:http→httpsに変更後、ログインできなくなった。

ただログインは出来たのですが、Wordpressの一般設定のURLは変更不可状態となっており、サイトも「このサイトは安全に接続できません」というエラー表示になってしまい、とりあえずサーバー会社の会員ページからSSL化を行い、Wordpressの一般設定でURLをhttps:~に変更し、wp-config.phpとfunctions.phpの末尾に追記したコードは消しました。

サイトは相変わらずエラーでしたが表示内容が403Errorに変わり、また焦っていたのですが、以下サイト内で『403errorの表示でOKなんです。』とあったのでしばらく待ってみました。

参考サイト:WordPressサイト「このサイトは安全に接続できません」 解決方法【ロリポップ】

しかし1日待ちましたが変化がなかったため一般設定のURLを一度、http:~にし保存後、再度、htttps:~にし保存してみましたらサイトが表示されました!良かった!

ただ今回はWordpressのログイン画面がエラーとなり表示されなかったため焦り、復旧させることに集中しましたが、SSL化を行えば恐らくいずれはログイン画面ページが表示されるようになったと思われます(試していないので分かりませんが)。

このことがあった後、また別のサイトをSSL化する時に、【SSL化を行った後にWordpressでの設定を変更する】という正しい手順を意識し、作業を行いましたら何も問題なくすごく簡単にできました。

ちょっとしたミスでエラーがおき、時間と労力がものすごくかかりましたが、今回は良い教訓になりました!